大分キャピタルロータリークラブ

rotary

つながり・経験し・想い出をつくるつながり・経験し・想い出をつくる

会長挨拶greeting

会長 樋口 友昭

会長 三宮 佳子

 この度、2021-2022 年度大分キャピタルロータリークラブ会長を拝命いたしました。大森克磨ガバナー年度でもあり、重責を感じるところではございますが、学びの機会を頂いたことに感謝申し上げ、懸命に務めさせて頂きます。

 今年度の RI 会長シェカール・メータ氏はロータリー活動における奉仕の重要さを掲げ、「奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために」のテーマのもと、「もっと行動し、もっと成長する」という言葉に行動指針を示されました。インパクトのある奉仕プロジェクトを実施し、自身を成長させると ともに、仲間を増やして活動を成長させるというものと理解しています。

 一方で、この奉仕活動もままならない状態が続いています。一昨年度からのコロナ禍で、当クラブにおいては井上会長、髙倉会長を中心とした各年度理事役員皆様の迅速なご決断により、非常事態をのりきる柔軟な対応がなされて参りました。残念ながら今年度も引き続き、with コロナを課題とした様々な判断が求められる一年になると思います。その時に大切にすべきものは何かと考え今年度のクラブスローガンを「仲間を想像し、奉仕を創造しよう」といたしました。

 新しい常識が求められる今、様々な立場や状況にある仲間へ思いを馳せ、持続可能なクラブたるために何を創るべきであるか。親睦を深めるために、新しい仲間をも想像し、いかなる状況においても実施可能な奉仕をどのように創造するか。RI 会長のテーマである奉仕と、会員増強の意識、地区スロー ガンの親睦の実現を鼓舞するクラブスローガンとご理解頂きますようお願い申し上げます。

 長引くコロナ禍に、私たちは何を試されているのでしょうか。今、本当に大切で必要なものは何か、それをいかに守っていくべきか。その選択の中で、この大分キャピタルロータリークラブのコミュニティが必要なものとしてあり続けることを願い、努めます。

 最後になりましたが、造士幹事をはじめ理事役員のみなさまのご協力により今年度のスタートラインに立つことができましたことに感謝申し上げ、一年間スムーズな歩みを進めることができるよう、引き続きご指導、ご鞭撻をいただきますようお願い申し上げます。

 そして、会員の皆様、想像力と創造力を発揮して、大森ガバナー年度を大いに盛り上げていきましょう。どうぞよろしくお願い申し上げます。